Stripeの「ProductオブジェクトとPlanオブジェクトの関係」は、データベースにおける正規化のようなもの

Stripeその他エントリー

目次一覧

 状態:-  閲覧数:567  投稿日:2019-03-05  更新日:2019-03-21  
最初に結論 / StripeにおけるPlanオブジェクトとは? / 具体例(詳細)
具体例(詳細)

最初に結論 / StripeにおけるPlanオブジェクトとは? / 具体例(詳細)

 閲覧数:295 投稿日:2019-03-05 更新日:2019-03-06 

最初に結論


Stripeの「ProductオブジェクトとPlanオブジェクトの関係」
・データベースにおける正規化のようなもの
※あくまでもイメージ。実際は異なる

「1つの製品もしくはサービス」へ対して、「複数のプラン」を設定することができる
・「Productオブジェクト」と「Planオブジェクト」の関係は、「1対多」

StripeにおけるPlanオブジェクトとは?


アイテムごとのコスト、通貨、および請求サイクルを表すオブジェクト

アイテムごとにコストが異なるプラン
・販売商品「例えばドローンA」へ対して、下記のような複数プランをもつことが出来る
・1個で10000円
・2個で19000円
・3個で25000円

通貨が異なるプラン
・販売商品「例えばドローンA」へ対して、下記のような複数プランをもつことが出来る
・10000円
・89.41 アメリカ合衆国ドル
・78.89 ユーロ

請求サイクルが異なるプラン
・レンタル商品「例えばドローンA」へ対して、下記のような複数プランをもつことが出来る
・1日
・2日
・1週間

具体例(簡易)


あなた(販売者側)
・販売を行っているおもちゃ専門店

下記2商品を取り扱うものとする
・ドローンA
・車のラジコンB
※同じ商品でも色によって販売価格が異なる、ものとする

Stripeの「Productオブジェクト」
・「ドローンA」と「車のラジコンB」を登録する
・データベースで言えば、「Productテーブル」へ「ドローンA」と「車のラジコンB」レコードを追加する行為に該当
・※ここでは料金登録を行わない

Stripeの「Planオブジェクト」
・「ドローンA」と「車のラジコンB」のプランを複数登録する。関係は「1対多」
・データベースで言えば、「Planテーブル」へ「ドローンA」と「車のラジコンB」のプランレコードを追加する行為に該当。各テーブルに紐づけるためのidカラムを当然含まれる


・Productテーブル
id name
1 ドローンA
2 車のラジコンB
・Planテーブル
id product_id price
1 1 100
2 1 200
3 2 800
4 2 500
※色の部分は省略

具体例(詳細)

 閲覧数:301 投稿日:2019-03-05 更新日:2019-03-05 

具体例(詳細)


あなた(販売者側)
・販売や定期購入を行っているEC本屋

下記2商品を取り扱うものとする
・月間雑誌A(定期購読)
・単行本漫画B(販売)

Stripeの「Productオブジェクト」
・「月間雑誌A」と「単行本漫画B」を登録する
・データベースで言えば、「Productテーブル」へ「月間雑誌A」と「単行本漫画B」レコードを追加する行為に該当
・※ここでは料金登録を行わない

Stripeの「Planオブジェクト」
・「月間雑誌A」と「単行本漫画B」のプランを複数登録する。関係は「1対多」
・データベースで言えば、「Planテーブル」へ「月間雑誌A」と「単行本漫画B」のプランレコードを追加する行為に該当。各テーブルに紐づけるためのidカラムを当然含まれる


・Productテーブル
id name type
1 月間雑誌A service
2 単行本漫画B good
・Planテーブル
id product_id price
1 1 100
2 1 200
3 2 800
4 2 500



旧 Stripe 学習の流れを体系化

Next

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 Stripeの「ProductオブジェクトとPlanオブジェクトの関係」は、データベースにおける正規化のようなもの 77
2 「PaymentMethodオブジェクト」と「Customerオブジェクト」の関係 43
3 Stripe プレフィックスがある「オブジェクトの値」など 42
4 Stripe Q19。「PaymentIntents」と「Sourceオブジェクト」と「Sources API」の関係について 42
5 Stripe Q22。「新規Customerオブジェクト作成」と「'source'パラメータ指定タイミング」について 38
6 Stripe Q14。Customerオブジェクトをcreateする際の"source"パラメータについて 38
7 Stripe Q21。新規顧客作成時に新規ソースオブジェクトを添付したいのですが、No such token: src_xxxxとなります 38
8 Stripe Q60. Checkout\SessionオブジェクトとPaymentIntentオブジェクトの関係性は1対1ですか? 37
9 SourceオブジェクトをCustomerオブジェクトに関連付けする 37
10 Stripe Q28。Sourceオブジェクトのusageプロパティのデフォルト値について 37
11 Stripe Q56. 作成したCheckout\Sessionオブジェクトが破棄されるタイミングは? 35
12 Stripe オブジェクト 34
13 Stripe Q18。PHP使用する場合、オブジェクト形式で配列形式でもアクセスできる 34
14 Stripe Billing > Quickstart / クイックスタート 34
15 Stripe Q33。CustomerオブジェクトのcreateSourceメソッドのAPIドキュメントについて 34
16 Stripe Payments > Quickstart / クイックスタート 33
17 Stripe Q73.CheckoutのSessionオブジェクトをcreateする際、'payment_intent_data'内の'metadata'として渡したデータを、webhookで受け取る件について 33
18 Stripe Q74.「お客様のビジネスの詳細」とは何ですか? 32
19 Stripeで"No such token: src"と表示されたら、最初にAPIキーを確認する 30
20 Stripe Q43。payouts スケジュールについて 30
2024/3/02 5:58 更新
週間人気ページランキング / 2-24 → 3-1
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Omise | 「支払」機能を有する決済系サービス(決済サービス) 12
2 pixivFANBOX | クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) 7
3 EPUB | ファイルフォーマット(電子書籍) 6
3 クレジットカード決済 | 課金 6
3 YouTube | 動画サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 6
3 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 6
4 Twitch | ゲーム実況配信サービス(課金販売できるプラットフォーム) 5
5 サブスクリプション | 課金 4
5 Google Pay | 「支払、出金」機能を有する決済系サービス表(決済サービス) 4
5 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 4
6 Stripe エラー(Stripe) カテゴリー 3
6 プリペイドカード | カード 3
6 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに | QA(Stripe) 3
7 Stripe Q73.CheckoutのSessionオブジェクトをcreateする際、'payment_intent_data'内の'metadata'として渡したデータを、webhookで受け取る件について | QA(Stripe) 2
7 Payment Request APIとは? / Payment Request API だけで支払い処理が完結するわけではない / Payment Request API の役割 2
7 Something went wrong / You might be having a network connection problem, or the payment provider cannot be reached at the moment. | Stripe エラー(Stripe) 2
7 「支払」と「送金」の違い | 違い 2
8 決済用語 1
8 Stripe Q13。決済成功時に、「請求に紐づけられたメールアドレス」に対して、メール送信したいのですが、 | QA(Stripe) 1
2024/3/2 1:01 更新