Stripe プレフィックスがある「オブジェクトの値」など

Stripeその他エントリー

目次一覧

 状態:-  閲覧数:1,565  投稿日:2019-02-10  更新日:2019-04-25  
Stripe プレフィックスがある「オブジェクトの値」などの一覧 / Accountオブジェクトのidプロパティ / Tokenオブジェクトのidプロパティ

Sourceオブジェクトのidプロパティ / Cardオブジェクトのidプロパティ / Chargeオブジェクトのidプロパティ

Productオブジェクトのidプロパティ / SKUオブジェクトのidプロパティ / Customerオブジェクトのidプロパティ

Subscriptionオブジェクトのidプロパティ / PaymentIntentオブジェクトのidプロパティ / PaymentMethodオブジェクトのidプロパティ

クライアント ID / Authorization Code / refresh_token

Stripe プレフィックスがある「オブジェクトの値」などの一覧 / Accountオブジェクトのidプロパティ / Tokenオブジェクトのidプロパティ

 閲覧数:281 投稿日:2019-02-10 更新日:2019-07-29 

Stripe プレフィックスがある「オブジェクトの値」などの一覧


オブジェクトのidプロパティ一覧表
オブジェクト名 idプロパティ ダッシュボードで確認する手順
Account 'acct_××××' settings/user
・1.右上の「人型アイコン」をクリック
・2.「プロフィール」テキストリンクをクリック
・3.アカウント欄に表示されているID
Token 'tok_××××' -
Source 'src_××××' -
Card 'card_××××' -
Charge 'ch_××××' -
Product 'prod_××××' -
SKU 'sku_××××' -
Customer 'cus_××××' -
Subscription 'sub_××××' -
PaymentIntent 'pi_××××' -
PaymentMethod 'pm_××××' あるいは 'card_××××' あるいは 'src_××××' -
上記以外一覧表
対象 プレフィックス形式 ダッシュボードで確認する手順
クライアント ID 'ca_××××' /account/applications/settings
・1.設定
・2.Stripe アプリ - Connect - Connect の設定
※テスト環境のクライアント ID
※本番環境のクライアント ID
テストデータ 公開可能キー 'pk_test_××××' test/apikeys
・1.開発者
・2.APIキー
テストデータ シークレットキー 'sk_test_××××' test/apikeys
・1.開発者
・2.APIキー
productionデータ 公開可能キー 'pk_live_××××' apikeys
・1.開発者
・2.APIキー
productionデータ シークレットキー 'sk_live_××××' apikeys
・1.開発者
・2.APIキー
Authorization Code 'ac_××××' -
refresh_token 'rt_××××' -

Accountオブジェクトのidプロパティ


The account object の idプロパティ
・「\Stripe\Accountオブジェクト」の一意の識別子
・アカウントに紐付いている
'acct_xxxx'

自分の「アカウント ID」をダッシュボードで確認する手順
・1.右上の「人型アイコン」をクリック
・2.「プロフィール」テキストリンクをクリック
・3.アカウント欄に表示されているIDを確認
※テストデータかどうかは関係ない

Connectで「最近連結されたアカウント ID」をダッシュボードで確認する手順
・1.左ナビの「Connect」テキストリンクをクリック
・2.左ナビの「Connect」のすぐ下にある「アカウント」テキストリンクをクリック
・3.メールアドレスの右側を確認
※テストデータで連結した場合は、テストデータでのみ表示される

Tokenオブジェクトのidプロパティ


The token object の idプロパティ
token
’tok_xxxx’


Sourceオブジェクトのidプロパティ / Cardオブジェクトのidプロパティ / Chargeオブジェクトのidプロパティ

 閲覧数:319 投稿日:2019-02-10 更新日:2019-04-25 

Sourceオブジェクトのidプロパティ


The source object の idプロパティ
・支払元のid
’src_xxxx’

sourceオブジェクトの例
{
 "id": "src_1AhIN74iJb0CbkEwmbRYPsd4",
 "object": "source",
 "amount": null,
 "client_secret": "src_client_secret_xxxx",
 "created": 1500471469,
 "currency": null,
 "flow": "none",
 "livemode": false,
 "metadata": {
 },
 "owner": {
   "address": {
     "city": "Berlin",
     "country": "DE",
     "line1": "Nollendorfstraße 27",
     "line2": null,
     "postal_code": "10777",
     "state": null
   },
   "email": "jenny.rosen@example.com",
   "name": "Jenny Rosen",
   "phone": null,
   "verified_address": null,
   "verified_email": null,
   "verified_name": null,
   "verified_phone": null
 },
 "status": "chargeable",
 "type": "card",
 "usage": "reusable",
 "card": {
   "exp_month": 4,
   "exp_year": 2024,
   "address_line1_check": "unchecked",
   "address_zip_check": "unchecked",
   "brand": "Visa",
   "country": "US",
   "cvc_check": "unchecked",
   "funding": "credit",
   "last4": "4242",
   "three_d_secure": "optional",
   "tokenization_method": null,
   "dynamic_last4": null
 }
}


Cardオブジェクトのidプロパティ


The card object の idプロパティ
・cardオブジェクトのid
’card_xxxx’

cardオブジェクトの例
{
 "id": "card_1EBXBSDuWL9wT9brGOaALeD2",
 "object": "card",
 "address_city": "San Francisco",
 "address_country": "US",
 "address_line1": "1234 Fake Street",
 "address_line1_check": null,
 "address_line2": null,
 "address_state": null,
 "address_zip": null,
 "address_zip_check": null,
 "brand": "Visa",
 "country": "US",
 "customer": "#{customer_id}",
 "cvc_check": null,
 "dynamic_last4": null,
 "exp_month": 8,
 "exp_year": 2024,
 "fingerprint": "53v265akSHAnIk1X",
 "funding": "credit",
 "last4": "4242",
 "metadata": {
 },
 "name": null,
 "tokenization_method": null
}


Chargeオブジェクトのidプロパティ


The charge object の idプロパティ
・「\Stripe\Chargeオブジェクト」の一意の識別子
・1回限りの決済の情報を管理するid番号
’ch_xxxx’


Productオブジェクトのidプロパティ / SKUオブジェクトのidプロパティ / Customerオブジェクトのidプロパティ

 閲覧数:300 投稿日:2019-02-11 更新日:2019-03-18 

Productオブジェクトのidプロパティ


The product object の idプロパティ
・既存の製品のID
’prod_xxxx’

SKUオブジェクトのidプロパティ


The SKU object の idプロパティ
’sku_xxxx’

Customerオブジェクトのidプロパティ


The customer object の idプロパティ
・「\Stripe\Customerオブジェクト」の一意の識別子
・「料金を支払う人の情報を管理するオブジェクト」のid番号
'cus_xxxx'


Subscriptionオブジェクトのidプロパティ / PaymentIntentオブジェクトのidプロパティ / PaymentMethodオブジェクトのidプロパティ

 閲覧数:313 投稿日:2019-02-19 更新日:2019-04-25 

Subscriptionオブジェクトのidプロパティ


The subscription object の idプロパティ
’sub_xxxx’

PaymentIntentオブジェクトのidプロパティ


'pi_××××'

PaymentMethod オブジェクトのidプロパティ


The PaymentMethod object の idプロパティ
'pm_××××' あるいは 'card_××××' あるいは 'src_××××'

PaymentMethod API を介して取得したカード例
{
 "id": "card_1EBXBSDuWL9wT9brGOaALeD2",
 "object": "payment_method",
 "billing_details": {
   "address": {
     "city": "San Francisco",
     "country": "US",
     "line1": "1234 Fake Street",
     "line2": null,
     "postal_code": null,
     "state": null
   },
   "name": null,
   "phone": null,
   "email": null
 },
 "card": {
   "brand": "visa",
   "checks": {
     "address_line1_check": null,
     "address_postal_code_check": null,
     "cvc_check": null
   },
   "country": "US",
   "exp_month": 8,
   "exp_year": 2024,
   "fingerprint": "53v265akSHAnIk1X",
   "funding": "credit",
   "last4": "4242",
   "three_d_secure_usage": {
     "supported": true
   },
   "wallet": null
 },
 "created": 123456789,
 "customer": "cus_EepWxEKrgMaywv",
 "livemode": false,
 "metadata": {
 },
 "type": "card"
}


PaymentMethod API を介して取得したsource例
{
 "id": "card_1EBXBSDuWL9wT9brGOaALeD2",
 "object": "payment_method",
 "billing_details": {
   "address": {
     "city": "Berlin",
     "country": "DE",
     "line1": "Nollendorfstraße 27",
     "line2": null,
     "postal_code": "10777",
     "state": null
   },
   "name": "Jenny Rosen",
   "phone": null,
   "email": "jenny.rosen@example.com"
 },
 "card": {
   "brand": "visa",
   "checks": {
     "address_line1_check": null,
     "address_postal_code_check": null,
     "cvc_check": null
   },
   "country": "US",
   "exp_month": 4,
   "exp_year": 2024,
   "fingerprint": "53v265akSHAnIk1X",
   "funding": "credit",
   "last4": "4242",
   "three_d_secure_usage": {
     "supported": true
   },
   "wallet": null
 },
 "created": 1500471469,
 "customer": "#{customer_id}",
 "livemode": false,
 "metadata": {
 },
 "type": "card"
}


クライアント ID / Authorization Code / refresh_token

 閲覧数:364 投稿日:2019-03-18 更新日:2019-07-29 

クライアント ID


ConnectでOAuthする際に必要な設定値
・ストライプによって生成された、使用しているプラットフォーム用の「一意の識別子」
'ca_xxxx'
※Connectは「OAuth使用する方式」と「API使用する方式」の2種類がある

Stripe アプリ で Connect 使用申請すると自動追加される
Connect 使用しない場合は、クライアント IDは交付されない
→ 確認不可

「クライアント ID」を掲載しているダッシュボードURL
/account/applications/settings

「クライアント ID」をダッシュボードで確認する手順
・1.左ナビの「設定」テキストリンクをクリック
・2.Stripe アプリ - Connect - Connect の設定をクリック
・3.「クライアント ID」を確認
※「本番環境のクライアント ID」と「テスト環境のクライアント ID」の2種類ある。何れも形式は「'ca_xxxx'」

「クライアント ID」を使用する場面
・アカウント連結申請用のOAuthリンクを作成する
<a href="https://connect.stripe.com/oauth/authorize?response_type=code&client_id=ca_xxxx&scope=read_write">アカウント連結申請</a>


Using Connect with Standard Accountst

Authorization Code


・Stripeではなく、「OAuth 2.0」の仕様
OAuth 2.0 Authorization Code Grant Type
'ac_◎◎'

refresh_token


ConnectでOAuth接続を継続する際に使用する
・Stripeではなく、「OAuth 2.0」の仕様
'rt_▽▽'

refresh_token確認
・Connectで設定した「リダイレクトURL」にて、「アカウント連結処理」を実施した後の「戻り値」に含まれている
・json_decode(curl_exec($ch), true); の戻り値
array (
'access_token' => 'sk_test_●●',
'livemode' => false,
'refresh_token' => 'rt_▽▽',
'token_type' => 'bearer',
'stripe_publishable_key' => 'pk_test_〇〇',
'stripe_user_id' => 'acct_★★',
'scope' => 'read_write',
)



Stripe Link

旧 Stripe 内の選択肢

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 Stripe プレフィックスがある「オブジェクトの値」など 97
2 Stripe オブジェクト 62
3 Stripe Q28。Sourceオブジェクトのusageプロパティのデフォルト値について 49
4 Stripe公式サイト上で「クレジット決済のみの画面遷移」を確認してみる 46
5 Stripeの「ProductオブジェクトとPlanオブジェクトの関係」は、データベースにおける正規化のようなもの 42
6 Stripe Q18。PHP使用する場合、オブジェクト形式で配列形式でもアクセスできる 42
7 Stripe Q74.「お客様のビジネスの詳細」とは何ですか? 40
8 Stripe。Stripeアカウントを持っていない人でもクレジットカード決済が出来る 39
9 Stripe Q6。Stripeサーバより返された「一意のトークン」をどこで受け取るの? 38
10 Stripe Q56. 作成したCheckout\Sessionオブジェクトが破棄されるタイミングは? 38
11 旧 Stripe 内の選択肢 37
12 新 Stripe 内の選択肢 37
13 Stripe Q27。ダッシュボードやAPIドキュメントの表示内容変更などを知らせるページはありますか? 37
14 Stripe Q57。トークン化について 37
15 Stripe Q14。Customerオブジェクトをcreateする際の"source"パラメータについて 37
16 Stripe への問い合わせ方 36
17 Stripe Q42。「Stripeダッシュボードへログインした後に表示される各ページ」へのアクセス権について 36
18 Stripe Q33。CustomerオブジェクトのcreateSourceメソッドのAPIドキュメントについて 35
19 Stripe Link 35
20 Stripe 変更履歴 35
2024/3/01 2:52 更新
週間人気ページランキング / 2-23 → 2-29
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Omise | 「支払」機能を有する決済系サービス(決済サービス) 12
2 pixivFANBOX | クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) 7
3 Twitch | ゲーム実況配信サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 YouTube | 動画サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 EPUB | ファイルフォーマット(電子書籍) 6
3 クレジットカード決済 | 課金 6
4 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 5
5 サブスクリプション | 課金 4
5 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 4
6 Google Pay | 「支払、出金」機能を有する決済系サービス表(決済サービス) 3
6 Stripe エラー(Stripe) カテゴリー 3
6 プリペイドカード | カード 3
6 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 3
6 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに | QA(Stripe) 3
7 決済用語 2
7 Payment Request APIとは? / Payment Request API だけで支払い処理が完結するわけではない / Payment Request API の役割 2
7 Something went wrong / You might be having a network connection problem, or the payment provider cannot be reached at the moment. | Stripe エラー(Stripe) 2
8 note | 課金販売できるプラットフォーム 1
8 ログイン 1
8 Stripe Q37。PaymentIntentで支払いを行った後、成功画面を表示させるためにはどうすれば良いですか? | QA(Stripe) 1
2024/3/1 1:01 更新