旧 Stripe 内の選択肢

Stripeその他エントリー

目次一覧

 状態:-  閲覧数:575  投稿日:2019-02-12  更新日:2019-04-28  
どこが提供している仕組みでトークン化するの? 2種類 / A.Stripeが用意した仕組みを利用してトークン化する方法は、5種類

トークン化後のオブジェクト

支払方式

どこが提供している仕組みでトークン化するの? 2種類 / A.Stripeが用意した仕組みを利用してトークン化する方法は、5種類

 閲覧数:289 投稿日:2019-02-12 更新日:2019-04-28 

どこが提供している仕組みでトークン化するの? 2種類


A.Stripeが用意した仕組みを利用してトークン化
・Stripeに丸投げ
・Stripe側のサーバにて、「顧客の生のカード情報」を取得

B.あなた自身が作成した仕組みを利用してトークン化
・自力で構築
・自前でトークン化
・販売者側のサーバにて、「顧客の生のカード情報」を取得

比較一覧表
- Stripeに丸投げ 自力で構築
「顧客の生のカード情報」をどこが取得するか Stripe側のサーバ 販売者側のサーバ
PCI DSS 対応 Stripe 販売者

A.Stripeが用意した仕組みを利用してトークン化する方法は、5種類


「Stripeに丸投げ」する方法は、5種類に分かれる
Checkout
┃ ┣Simple
┃ ┗Custom

Checkout public beta version

Stripe.js and Elements

iOS Integration

Android Integration

要点
・「checkout.js」を使用する場合、'src_xxxx'を受け取ることが出来ない

checkout.js ― Stripe.js と Stripe Elements


checkout.js
・Webとモバイルでの最もシンプルな決済フロー
比較一覧表
- checkout.js Stripe.js と Stripe Elements
JavaScriptライブラリのURL https://checkout.stripe.com/checkout.js https://js.stripe.com/v3/
Stripeサーバより返された「トークン」をどこで受け取る クライアントのformタグ内 クライアントのJavaScript処理内
難易度


比較一覧表
・「Stripeのモバイルライブラリ」については、これから確認予定
- checkout.js Checkout public beta version Stripe.js と Stripe Elements
JavaScriptライブラリのURL https://checkout.stripe.com/checkout.js https://js.stripe.com/v3/ https://js.stripe.com/v3/
Stripeサーバより返された「トークン」をどこで受け取る クライアントのformタグ内 - クライアントのJavaScript処理内
あなた(販売者側)のサーバが$_POSTで受け取る内容
array (
 'stripeToken' => 'tok_xxxx',
 'stripeTokenType' => 'card',
 'stripeEmail' => 'hoge@yahoo.co.jp',
)
- -

クライアント側コード


Checkout Simple
<form action="your-server-side-code" method="POST">
 <script
   src="https://checkout.stripe.com/checkout.js" class="stripe-button"
   data-key="pk_test_●●"
   data-amount="999"
   data-name="PHPデモ"
   data-description="Widget"
   data-image="https://stripe.com/img/documentation/checkout/marketplace.png"
   data-locale="auto"
   data-currency="jpy">
 </script>
</form>


Checkout Custom
<script src="https://checkout.stripe.com/checkout.js"></script>

<button id="customButton">Purchase</button>

<script>
var handler = StripeCheckout.configure({
 key: 'pk_test_●●',
 image: 'https://stripe.com/img/documentation/checkout/marketplace.png',
 locale: 'auto',
 token: function(token) {
   // You can access the token ID with `token.id`.
   // Get the token ID to your server-side code for use.
 }
});

document.getElementById('customButton').addEventListener('click', function(e) {
 // Open Checkout with further options:
 handler.open({
   name: 'PHPデモ',
   description: '2 widgets',
   currency: 'jpy',
   amount: 2000
 });
 e.preventDefault();
});

// Close Checkout on page navigation:
window.addEventListener('popstate', function() {
 handler.close();
});
</script>


Checkout public beta version
<!-- Load Stripe.js on your website. -->
<script src="https://js.stripe.com/v3"></script>

<!-- Create a button that your customers click to complete their purchase. -->
<button id="checkout-button" role="link">Pay</button>
<div id="error-message"></div>

<script>
 var stripe = Stripe('pk_test_●●', {
   betas: ['checkout_beta_4']
 });

 var checkoutButton = document.getElementById('checkout-button');
 checkoutButton.addEventListener('click', function () {
   // When the customer clicks on the button, redirect
   // them to Checkout.
   stripe.redirectToCheckout({
     items: [{sku: 'sku_EYUuveVPe61SrH', quantity: 1}],

     // Note that it is not guaranteed your customers will be redirected to this
     // URL *100%* of the time, it's possible that they could e.g. close the
     // tab between form submission and the redirect.
     successUrl: 'https://php-demo.w4c.work/demo/settlement/stripe/checkout-beta/2/thanks.php',
     cancelUrl: 'https://php-demo.w4c.work/demo/settlement/stripe/checkout-beta/2/',
     clientReferenceId: 'order_123',
   })
   .then(function (result) {
     if (result.error) {
       // If `redirectToCheckout` fails due to a browser or network
       // error, display the localized error message to your customer.
       var displayError = document.getElementById('error-message');
       displayError.textContent = result.error.message;
     }
   });
 });
</script>


トークン化後のオブジェクト

 閲覧数:283 投稿日:2019-02-25 更新日:2019-03-19 

Tokenオブジェクト vs Sourceオブジェクト


比較一覧表
- Tokenオブジェクト Sourceオブジェクト
Stripeプレフィックスあり設定値形式 tok_xxxx src_xxxx
「checkout.js」を使用する場合、あなた(販売者側)のサーバで($_POSTで)受け取ることが出来るか ×
Customerオブジェクトへの関連付け
Chargeオブジェクトをcreateする際、’source’パラメータ値として、'customer'パラメータと併用出来るか? ×

Tokenオブジェクト


Customerオブジェクトへの関連付け
・可

Sourceオブジェクト


Customerオブジェクトへの関連付け
・可

支払方式

 閲覧数:282 投稿日:2019-03-17 更新日:2019-04-13 

支払方式


2種類

Charge
・1回限りの支払い

Subscription
・定期支払い(継続的に支払いが発生する)
・毎月500円ずつ課金していくような仕組みのこと
・事前に「Product または Plan 作成」「Customer 作成」が必要

比較一覧表
- Charge Subscription
内容 1回限りの支払い 定期支払い(継続的に支払いが発生する)
Stripeオブジェクト名 Charge Subscription



Stripe プレフィックスがある「オブジェクトの値」など

Stripe への問い合わせ方

コメント投稿(ログインが必要)



週間人気ページランキング / 2-23 → 2-29
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Omise | 「支払」機能を有する決済系サービス(決済サービス) 12
2 pixivFANBOX | クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) 7
3 Twitch | ゲーム実況配信サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 YouTube | 動画サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 EPUB | ファイルフォーマット(電子書籍) 6
3 クレジットカード決済 | 課金 6
4 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 5
5 サブスクリプション | 課金 4
5 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 4
6 Google Pay | 「支払、出金」機能を有する決済系サービス表(決済サービス) 3
6 Stripe エラー(Stripe) カテゴリー 3
6 プリペイドカード | カード 3
6 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 3
6 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに | QA(Stripe) 3
7 決済用語 2
7 Payment Request APIとは? / Payment Request API だけで支払い処理が完結するわけではない / Payment Request API の役割 2
7 Something went wrong / You might be having a network connection problem, or the payment provider cannot be reached at the moment. | Stripe エラー(Stripe) 2
8 note | 課金販売できるプラットフォーム 1
8 ログイン 1
8 Stripe Q37。PaymentIntentで支払いを行った後、成功画面を表示させるためにはどうすれば良いですか? | QA(Stripe) 1
2024/3/1 1:01 更新