Stripe Connect

Stripeその他エントリー

目次一覧

 状態:-  閲覧数:1,105  投稿日:2019-04-05  更新日:2019-07-28  
Connect用語の整理 / Connectで必要な設定値 / Connectボタン画像

Connect決済に際して「選択できる入金経路の種類」比較一覧表 / 「Direct Charges」と「Destination Charges」比較具体例 /「Direct Charges」処理方法に関する比較一覧表


Connect用語の整理 / Connectで必要な設定値 / Connectボタン画像

 閲覧数:303 投稿日:2019-04-05 更新日:2019-07-25 

Connect用語の整理


一覧
- 役割 内容 Stripeアカウント
A 提供者 プラットフォームを提供する 必要 1
B 販売者 プラットフォームにて何かを販売する 必要
C 購入者 プラットフォームにて何かを購入する 不要

Connectで必要な設定値


client_id
・クライアント ID
・ストライプによって生成された、使用しているプラットフォーム用の「一意の識別子」
ca_xxxx

client_idの確認方法
・1.「Dashboard」左下にある「設定」をクリック
・2.「Stripe アプリ」欄内にある「Connect の設定」をクリック
・3.「account/applications/settings」画面にて、「組み込み」欄内にある下記何れかを使用
本番環境のクライアント ID … ca_xxxx
テスト環境のクライアント ID … ca_xxxx

redirect_uri
https://xxxx
・自分のアカウントに接続した後にユーザーがリダイレクトされる、あなたのウェブサイト上のページ
・あなたが設定する

Connectボタン画像


Connect ボタン


Stripe Q44。Standard アカウント連結後の返り値で、保存すべき値について


Connect決済に際して「選択できる入金経路の種類」比較一覧表 / 「Direct Charges」と「Destination Charges」比較具体例 /「Direct Charges」処理方法に関する比較一覧表

 閲覧数:306 投稿日:2019-04-07 更新日:2019-07-28 

Connect決済に際して「選択できる資金経路の種類」比較一覧表


3つのアプローチ
・Connectは、接続アカウントの代わりに課金を処理するための3つのアプローチをサポートしている

Direct Charges(直接課金)
・Standardアカウントを使用する場合は、接続アカウントに直接課金することをお勧めする
・このアプローチを使用して、接続アカウントはStripe料金、返金、およびチャージバックの費用を負担する
Customer → 子(販売者アカウント) → 親(プラットフォームアカウント)

Destination Charges(取扱料金)
・Customアカウントの一部のユーザーにとっては、接続アカウントに直接請求することをお勧めする
・その場合、接続アカウントは当初Stripeの料金、返金、チャージバックの責任を負うが、あなたのプラットフォームアカウントはすべての損失をカバーする最終的な責任を負う
Customer → 親(プラットフォームアカウント) → 子(販売者アカウント)

別途料金と振込み
・「プラットフォームと接続アカウントの両方が米国またはヨーロッパにある場合」にのみ完全にサポートされているため、ここでは省略

比較一覧表
- Direct Charges(直接課金) Destination Charges(取扱料金)
お金の流れ Customer → 子(販売者アカウント) → 親(プラットフォームアカウント) Customer → 親(プラットフォームアカウント) → 子(販売者アカウント)
すべての損失をカバーする最終的な責任を負う 子(販売者アカウント) 親(プラットフォームアカウント)
Stripe推奨 Standardアカウント Customアカウント

「Direct Charges」と「Destination Charges」比較具体例


Direct Charges
子 → 親
・1.子へ1,000円入金
・2.親へ600円入金
タイプ 総売上 金額 料金 説明
手数料の合計 ¥600 ¥600 JPY Application fee from application PHPデモ for 子アカウント@yahoo.co.jp (acct_★★)
Destination Charges
親 → 子
・1.親へ1,000円入金
・2.子へ400円入金
タイプ 総売上 金額 料金 説明
送金 (¥400) (¥400) JPY tr_★★
支払 ¥964 ¥1,000 (¥36)JPY ch_★★

「Direct Charges」処理方法に関する比較一覧表


比較一覧表
- Charges API Payment Intents API
「支払い方法」の添付するための前準備 Stripe.js and Elements もしくは Stripe Checkout Stripe.js and Elements
「支払い方法」の添付 'source'パラメータで指定 'payment_method_types'パラメータで指定



SourceオブジェクトをCustomerオブジェクトに関連付けする

Payment Intents API

コメント投稿(ログインが必要)



週間人気ページランキング / 2-24 → 3-1
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Omise | 「支払」機能を有する決済系サービス(決済サービス) 12
2 pixivFANBOX | クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) 7
3 EPUB | ファイルフォーマット(電子書籍) 6
3 クレジットカード決済 | 課金 6
3 YouTube | 動画サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 6
3 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 6
4 Twitch | ゲーム実況配信サービス(課金販売できるプラットフォーム) 5
5 サブスクリプション | 課金 4
5 Google Pay | 「支払、出金」機能を有する決済系サービス表(決済サービス) 4
5 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 4
6 Stripe エラー(Stripe) カテゴリー 3
6 プリペイドカード | カード 3
6 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに | QA(Stripe) 3
7 Stripe Q73.CheckoutのSessionオブジェクトをcreateする際、'payment_intent_data'内の'metadata'として渡したデータを、webhookで受け取る件について | QA(Stripe) 2
7 Payment Request APIとは? / Payment Request API だけで支払い処理が完結するわけではない / Payment Request API の役割 2
7 Something went wrong / You might be having a network connection problem, or the payment provider cannot be reached at the moment. | Stripe エラー(Stripe) 2
7 「支払」と「送金」の違い | 違い 2
8 決済用語 1
8 Stripe Q13。決済成功時に、「請求に紐づけられたメールアドレス」に対して、メール送信したいのですが、 | QA(Stripe) 1
2024/3/2 1:01 更新