Stripe Payments > Quickstart / クイックスタート

Stripedocumentation

目次一覧

 状態:-  閲覧数:871  投稿日:2019-02-17  更新日:2019-03-21  
Card Payments Quickstart / カード支払いのクイックスタート

Card Payments Quickstart / カード支払いのクイックスタート

 閲覧数:314 投稿日:2019-02-17 更新日:2019-02-23 

docs


Payments > Quickstart
Card Payments Quickstart
カード支払いのクイックスタート

顧客からカード情報を安全に収集し、カード支払いを作成


Stripeを使った「カード支払い」の受け取り
・「クライアントサイド」と「サーバーサイド」の2つのステップからなる
・1.顧客は、ブラウザで表示しているWebサイト内に設置されているフォームから「自分の支払い情報」を、Stripeサーバへ送信
・2.「顧客の支払い情報」を受け取ったStripeサーバ は、処理を行った後、顧客のブラウザへトークンを返す
・3.顧客は、フォームデータと共に、ブラウザから販売者側のサーバへ送信
・4.販売者側のサーバは、トークンを使用して、「料金を作成し、支払いを完了するための APIリクエスト」を行う

特徴
・トークン化により、機密のカードデータがサーバーにアクセスする必要がなくなるため、PCIにした準拠した方法で運用できる
・StripeのDashboardとAPIでは、カードに関する限定的な情報(下4桁、有効期限、ブランドなど)は提供されているが、カードの詳細は完全には明らかにされない

ステップ1:安全に支払い情報を収集する


3種類
checkout.js
┃┣Simple
┃┗Custom

Stripe.js and Elements

Mobile SDKs

ステップ1:checkout.js


安全にカード情報を集めてトークン化するための最も簡単な方法はCheckoutを使うこと
・HTML、JavaScript、およびCSSを組み合わせて、埋め込み支払いフォームを作成する
・顧客が支払い情報を入力すると、カードの詳細が検証され、サーバーサイドコードで使用できるようにトークン化される

はじめに、次のコードを支払いページに追加する
・フォームが必ず自分のサーバーサイドコードに送信されるようにする
・data-key属性 … 公開可能APIキー。pk_test_〇〇
<form action="your-server-side-code" method="POST">
 <script
   src="https://checkout.stripe.com/checkout.js" class="stripe-button"
   data-key="pk_test_〇〇"
   data-amount="999"
   data-name="q"
   data-description="Example charge"
   data-image="https://stripe.com/img/documentation/checkout/marketplace.png"
   data-locale="auto"
   data-currency="jpy">
 </script>
</form>


・オプションだが、詐欺を減らすのに役立つので、 住所と郵便番号の検証を使用することが強く推奨されている
data-zip-code="true"

・Checkoutを設定(必要な属性をフォームに追加)して、ユーザーの請求先住所と配送先住所を収集することもできる

Checkoutフォームコードで表示される金額
・ユーザーに表示される目的でのみ使用される
・顧客に請求する金額は設定されない
・請求を行うときにも金額を指定する必要がある
・「支払いフォーム」と「サーバーサイドコード」が同じ金額を設定するようにする必要がある

Checkoutカスタムアプローチ
・任意のHTML要素またはJavaScriptイベントを使用してCheckoutを開くことや、カスタム金額などの動的な引数を指定することができる

ステップ1:Stripe.js and Elements


フルカスタマイズ
・「支払いフォームのルックアンドフィールを完全に制御したい場合」に使用

ステップ1:Mobile SDKs


ネイティブのモバイルライブラリ
・iOSおよびAndroid用のネイティブのモバイルライブラリを使用して、Stripeはモバイルアプリケーション内から顧客の支払い情報を収集し、サーバーサイドコードが使用するためのトークンを作成できる

ステップ2:支払いを完了するための料金を作成する


トークンが作成されると、サーバーサイドのコードは1回限りの請求を作成するためのAPIリクエストを行う
・このリクエストには、トークン、通貨、請求額、および渡したい追加情報( メタデータなど )が含まれている
・このリクエストには、トークンのID(例えば、 tok_■■ )がsourceパラメータの値として指定する
// 秘密鍵を設定する。実運用では、これをライブの秘密鍵に変更することを忘れないでくれ
// See your keys here: https://dashboard.stripe.com/account/apikeys
\Stripe\Stripe::setApiKey("sk_test_●●");

// トークンはCheckoutまたはElementsを使用して作成される
// 次のフォームで送信された支払いトークンIDを取得する
$token = $_POST['stripeToken'];

$charge = \Stripe\Charge::create([
   'amount' => 999,
   'currency' => 'usd',
   'description' => 'Example charge',
   'source' => $token,
]);


トークン
・一度だけ、そして作成から数分以内に使用することができる

・このアプローチを使用する場合、あなたの顧客は「購入をする度に自身の支払い詳細を再入力」する必要がある

後で使用するために、Stripeでカードの詳細を保存することもできる
・この方法を使用すると、返品する顧客は、カードの詳細を再入力することなく迅速に支払いを行うことができる


Stripe Payments > COLLECTING PAYMENT DETAILS > Checkout

コメント投稿(ログインが必要)



週間人気ページランキング / 2-24 → 3-1
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Omise | 「支払」機能を有する決済系サービス(決済サービス) 12
2 pixivFANBOX | クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) 7
3 EPUB | ファイルフォーマット(電子書籍) 6
3 クレジットカード決済 | 課金 6
3 YouTube | 動画サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 6
3 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 6
4 Twitch | ゲーム実況配信サービス(課金販売できるプラットフォーム) 5
5 サブスクリプション | 課金 4
5 Google Pay | 「支払、出金」機能を有する決済系サービス表(決済サービス) 4
5 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 4
6 Stripe エラー(Stripe) カテゴリー 3
6 プリペイドカード | カード 3
6 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに | QA(Stripe) 3
7 Stripe Q73.CheckoutのSessionオブジェクトをcreateする際、'payment_intent_data'内の'metadata'として渡したデータを、webhookで受け取る件について | QA(Stripe) 2
7 Payment Request APIとは? / Payment Request API だけで支払い処理が完結するわけではない / Payment Request API の役割 2
7 Something went wrong / You might be having a network connection problem, or the payment provider cannot be reached at the moment. | Stripe エラー(Stripe) 2
7 「支払」と「送金」の違い | 違い 2
8 決済用語 1
8 Stripe Q13。決済成功時に、「請求に紐づけられたメールアドレス」に対して、メール送信したいのですが、 | QA(Stripe) 1
2024/3/2 1:01 更新