Stripe Payments > CHARGES / 料金

Stripedocumentation

目次一覧

 状態:-  閲覧数:417  投稿日:2019-02-23  更新日:2019-03-21  
Creating Charges / 料金を作成する
Email Receipts / 電子メールの領収書

Creating Charges / 料金を作成する

 閲覧数:159 投稿日:2019-02-17 更新日:2019-02-23 

docs


Payments > CHARGES > Creating Charges
Creating Charges
料金を作成する

トークン化後の選択肢は2つ


CheckoutまたはElementsを使用して顧客のクレジットカードを安全に収集してトークン化した後
・選択肢A.すぐにカードへ請求する
・選択肢B.後で使用するために保存

選択肢A.すぐにカードへ請求する


課金処理には、StripeのAPIとサーバーサイドコードを使用してくれ

サーバー上で、フォームから送信されたPOSTパラメータのStripeトークンを取得する
・カードへ課金するための1つの簡単なAPI呼び出し
// 秘密鍵を設定する。実運用では、これをライブの秘密鍵に変更することを忘れないでくれ
// See your keys here: https://dashboard.stripe.com/account/apikeys
\Stripe\Stripe::setApiKey("sk_test_●●");

// トークンはCheckoutまたはElementsを使用して作成される
// 次のフォームで送信された支払いトークンIDを取得する
$token = $_POST['stripeToken'];

$charge = \Stripe\Charge::create([
   'amount' => 999,
   'currency' => 'usd',
   'description' => 'Example charge',
   'source' => $token,
]);


Synchronicity
・Stripeによるカードの課金は同期プロセス
・あなたのコードはすぐにリクエストの結果を受け取る
・成功するとChargeオブジェクト、失敗すると例外、のどちらか
・非同期のWebhookやIPNスクリプトは必要ない

これでおしまい!
・課金作成リクエストが成功した場合、カードは正常に課金されている
・あなたは2日で自動的にお金を受け取る
・請求が失敗した場合は、代わりにエラーを返す

注意事項
・上記および下記リクエストは、 事前にtokenパラメータの値としてトークンID (たとえば、 tok_■■ )を受け取ることを想定している
・トークンは一度だけ、そして作成から数分以内に使用することができる

複数の請求、将来の請求、または購読をサポートするには?
・請求する代わりにカードトークンを保存する

Dynamic statement descriptor  / 動的ステートメント記述子


デフォルト
・あなたが顧客のカードへ請求するときは、いつでも「あなたのStripeアカウントのstatement descriptor」が顧客の明細書に表示される

請求ごとに異なる説明を提供するには
・ statement_descriptorパラメータを含める

Statement descriptors / ステートメント記述子
・22文字に制限されている
・特殊文字<, >, ', ", 使用することはできない
・数字だけで構成してはいけない

// 秘密鍵を設定する。実運用では、これをライブの秘密鍵に変更することを忘れないでくれ
// See your keys here: https://dashboard.stripe.com/account/apikeys
\Stripe\Stripe::setApiKey("sk_test_●●");

// トークンはCheckoutまたはElementsを使用して作成される
// 次のフォームで送信された支払いトークンIDを取得する
$token = $_POST['stripeToken'];

$charge = \Stripe\Charge::create([
   'amount' => 999,
   'currency' => 'usd',
   'description' => 'Example charge',
   'source' => $token,
   'statement_descriptor' => 'Custom descriptor',
]);


Auth and capture / 認証とキャプチャ


Stripeは2段階のカード支払いをサポートしているので、最初に料金を承認してから、後でそれを決済(キャプチャー)するのを待つことができる
・使用予定がないため省略

Storing information in metadata / メタデータに情報を保存する


Stripeは、処理料金など、最も一般的なリクエストへのメタデータの追加をサポートしている
・メタデータは顧客には表示されず、請求がStripe社の詐欺防止システムによって拒否されたかブロックされたかどうかについても考慮されない

メタデータを介して、自分にとって意味のある他の情報をStripeアクティビティに関連付けることができる
・(例えば、個々の料金についてページを見るときに)どんなメタデータもダッシュボードで見ることができる、そしてまた一般的なレポートとエクスポートで利用可能
・ 例。あなたの店の注文IDは、その注文の支払いに使われる料金に添付することができる
・ そうすることで、あなた、あなたの会計士、またはあなたの財務チームは、Stripe内の料金をあなたのシステム内の注文と簡単に調整することができる

// 秘密鍵を設定する。実運用では、これをライブの秘密鍵に変更することを忘れないでくれ
// See your keys here: https://dashboard.stripe.com/account/apikeys
\Stripe\Stripe::setApiKey("sk_test_●●");

// トークンはCheckoutまたはElementsを使用して作成される
// 次のフォームで送信された支払いトークンIDを取得する
$token = $_POST['stripeToken'];

$charge = \Stripe\Charge::create([
   'amount' => 999,
   'currency' => 'usd',
   'description' => 'Example charge',
   'source' => $token,
   'metadata' => ['order_id' => 6735],
]);


注意事項
・機密情報(個人を特定できる情報、カードの詳細など)をメタデータとして、または請求のdescriptionパラメータに保存しないでくれ

Email Receipts / 電子メールの領収書

 閲覧数:1,267 投稿日:2019-03-02 更新日:2019-03-03 

docs


Payments > CHARGES > Creating Charges > Email Receipts
Email Receipts
電子メールの領収書

自動的に送信


Stripeは、支払いが成功したとき、または支払いが返金されたときに、顧客にEメールの領収書を自動的に送信することができる
・これは、APIリクエストを行うときにEメールアドレスを提供するか、 CustomerオブジェクトのEメールアドレスが設定されている場合はそれを使用して行われる
・ダッシュボードで領収書を手動で送信(または再送信)することもできる

各領収書には
・ブラウザで表示するためのリンクと、支払い情報を調べるときに役立つ固有の領収書番号が含まれている

ブラウザで領収書を表示するためのリンク
・ChargeオブジェクトのAPIからも利用できる
・リンクにアクセスすると、領収書には常にその請求の最新のステータスが表示される
・返金された場合、領収書にはこれが正確に反映される

テストモードでの領収書
・テストAPIキーを使用して作成された支払いの領収書は自動的に送信されない
・代わりに、 ダッシュボードを使用して領収書を表示または手動で送信できる
ダッシュボード → Billing → インボイス → 任意の請求をクリック → 「領収書送信ボタン」クリック

APIを使用して領収書を自動的に送信する


1回払いの請求をするとき
・reception_emailパラメータの値として顧客の電子メールアドレスを含める
・領収書は、支払いが成功した場合にのみ送信される
・要求が失敗した場合や拒否された場合は、領収書は送信されない
// Set your secret key: remember to change this to your live secret key in production
// See your keys here: https://dashboard.stripe.com/account/apikeys
\Stripe\Stripe::setApiKey("sk_test_●●");

$charge = \Stripe\Charge::create([
   'amount' => 999,
   'currency' => 'usd',
   'source' => 'tok_visa',
   'receipt_email' => 'jenny.rosen@example.com',
]);


リクエストで提供されたdescriptionパラメータの値
・金額とあなたの公開ビジネス情報と共に領収書に表示される
・1回払いの領収書にはこの情報のみが含まれる
・追加の広告申込情報は追加できない

Stripeは、 Customerオブジェクトを使用して自動的に作成される定期支払い( 購読など )の領収書を送信できる
・顧客のemailパラメータが設定されていること、および電子メールの領収書設定で支払いが成功したかどうかを顧客に電子メールで通知するオプションが有効になっていることを確認する
・購読料が失敗した場合、Stripeは顧客にEメールを送信することもできる。 [ 支払い設定 が失敗した場合にも顧客に電子メールを送信する]オプションが[課金設定]で有効になっていることを確認する

顧客に課金する場合、Stripeはデフォルトで顧客のemailパラメータ値を使用する
・Customerオブジェクトに関連付けられているEメールアドレスがない場合、またはEメールアドレスをオーバーライドして領収書を送信する場合は、要求を行うときにreceipt_emailを含める

・購読の支払いの領収書は明細化され、支払いを引き起こした請求書からの追加の明細が含まれる

ダッシュボードから手動で領収書を送信する


ダッシュボードの支払いのEメール履歴セクションを使用して、領収書を表示および送信できる
・電子メールの領収書を再送信するための別の電子メールアドレス、または領収書を複数の受信者に送信する必要がある場合はカンマ区切りのアドレスリストを指定できる
・領収書は1回の支払いにつき最大10回送信することができ、送信されたすべての領収書の完全な履歴は支払いのページ内に表示される



Stripe Payments > COLLECTING PAYMENT DETAILS > Checkout

Stripe Payments > COLLECTING PAYMENT DETAILS / 支払い詳細の収集 > Checkout Reference

コメント投稿(ログインが必要)



週間人気ページランキング / 1-21 → 1-27
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Stripeアカウントへログインする際、モバイル端末で受信したコード入力を求められる理由は? | その他エントリー(Stripe) 21
2 その他エントリー(Stripe) カテゴリー 11
3 Stripe エラー(Stripe) カテゴリー 10
3 Stripe Q13。決済成功時に、「請求に紐づけられたメールアドレス」に対して、メール送信したいのですが、 | QA(Stripe) 10
4 Stripe Q50。 Connect 「Standardアカウント」で、自身に連結された子アカウントを、ダッシュボードから削除するには? | QA(Stripe) 9
5 Stripe Payments > PREPARING FOR SCA > Payment Intents | documentation(Stripe) 8
5 Stripe Q234。Connect カスタムアカウント手数料 | QA(Stripe) 8
6 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに | QA(Stripe) 7
7 Something went wrong / You might be having a network connection problem, or the payment provider cannot be reached at the moment. | Stripe エラー(Stripe) 6
7 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 6
8 PayPal。PayPalアカウントを持っていない人はクレジットカード決済が出来ない。月額利用料3,000円を支払えば可能 | 「チャージ、支払、送金、出金」機能を有する決済系サービス(決済サービス) 5
8 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 5
8 「払い戻し」と「チャージバック」の違い | 違い 5
8 Stripe Q31。ダッシュボードでの「支払い作成」の見方について | QA(Stripe) 5
9 ICとは? / ICクレジットカード / ICクレジットカードとは? 4
9 PaymentIntentで支払を実装する場合の選択肢 /「Payment Intents API」使用によるカードの支払確認方法は2種類 / PaymentMethodオブジェクトは歴史的経緯により3種類ある 4
9 Stripe Connect > | documentation(Stripe) 4
9 Stripe 変更履歴 | その他エントリー(Stripe) 4
9 「Gumroad」は、決済サービス「PayPal」を利用したオンラインコンテンツ販売サービス | デジタルコンテンツ販売可能なサービス(課金販売できるプラットフォーム) 4
9 日本で、Connect Standardアカウント を導入している(と思われる)事例 | その他エントリー(Stripe) 4
2022/1/28 1:01 更新