Stripe Q26。If you only accept credit card payments, are there any functions that can not be done with src_xxxx but only with tok_xxxx?

StripeQA

目次一覧

 状態:-  閲覧数:387  投稿日:2019-03-19  更新日:2019-03-21  
最初に結論 / 質問履歴26 / A
A背景

最初に結論 / 質問履歴26 / A

 閲覧数:196 投稿日:2019-03-19 更新日:2019-03-20 

最初に結論


「通常のクレジットカードでの支払い」に限定した場合
・「Tokenオブジェクトでは出来るが、Sourceオブジェクトで出来ない機能」はない

※但し「checkout.js」を使用する場合、Source使用不可。あなた(販売者側)のサーバでは($_POSTで)'src_xxxx'を受け取ることが出来ないから

質問履歴26


If you only accept credit card payments, are there any functions that can not be done with src_xxxx but only with tok_xxxx?
・2019/3/19
Can all the functions that can be done with tok_xxxx be done with src_xxxx?

Even if you specify tok_xxxx or src_xxxx, it will be used by linking to the Customer object, so in the end is not the same thing?

Is checkout.js the only feature that can not be done with 'src_xxxx'?

The following PHP code works as expected, but is it better to use 'src_xxxx'?
\Stripe\Stripe::setApiKey("sk_test_xxxx");

\Stripe\Customer::create([
   "source" => $_POST['stripeToken'],
   'email' => $_POST['stripeEmail'],
]);

\Stripe\Charge::create(array(
 "amount" => 777,
 "customer" => $customer->id,
 "currency" => "USD",
));


If you would like to make a one-time payment, is it better to use 'tok_xxxx'?

If you want to associate a customer with a one-time payment, is it better to 'src_xxxx'?

Isn't it recommended to implement everything with 'src_xxxx', as it is cumbersome?

クレジットカード支払いしか受け付けない場合、src_xxxxでは出来なくてtok_xxxxにしか出来ない機能はありますか?
tok_xxxxで出来る機能は、全てsrc_xxxxでも出来ますか?

tok_xxxxを指定した場合もsrc_xxxxを指定した場合も、Customerオブジェクトに紐づけて使用するわけだから、結局は同じことではないですか?

’src_xxxx’では出来ない機能は、checkout.jsだけですか?

下記PHPコードは期待した通り動作しますが、'src_xxxx'を使用した方が良いですか?
\Stripe\Stripe::setApiKey("sk_test_xxxx");

\Stripe\Customer::create([
   "source" => $_POST['stripeToken'],
   'email' => $_POST['stripeEmail'],
]);

\Stripe\Charge::create(array(
 "amount" => 777,
 "customer" => $customer->id,
 "currency" => "USD",
));


1回限りの支払を行う場合は、’tok_xxxx’を使用した方が良いですか?
1回限りの支払でもCustomerオブジェクトに関連付けする場合は、’src_xxxx’を使用した方が良いですか?
面倒なので、全部、’src_xxxx’で実装することは推奨されていないのですか?

If you only accept credit card payments, are there any functions that can not be done with src_xxxx but only with tok_xxxx?


Customerオブジェクトのsourceプロパティには、トークンオブジェクト’tok_xxxx’とソースオブジェクト'src_xxxx'を指定できる
・トークンとソースの関係
・この違いを調べる

A


1回払いをしたい場合
・tokenかsourceの何れかを使用することが出来る
・あなたはstripe CheckoutかElementsを使ってsourceかtokenを作ることができる
※checkout.jsでは、source作成不可

1回払いをCustomerオブジェクトに関連付ける場合
・トークン/ソースをCustomerオブジェクトに保存する必要がある
・Customerオブジェクトにchargeすると、取引は顧客の下に表示される

ACH、Alipay、3DSなどのクレジットカード以外の支払いを使用している場合
・sourceが必要

通常のクレジットカードの支払いを使用している場合
・トークンとソースの間に違いはない

A背景

 閲覧数:188 投稿日:2019-03-20 更新日:2019-03-20 

A背景


StripeにおけるSouceオブジェクトのコンセプト
・クレジットカード、銀行振込、ATH、Alipay、WeChat Payなどの支払い方法

「クレジットカード」支払いのために
・TokenとSourceは、互換的に安全に使用することが出来る

TokenとSource
・システム間でクレジットカード情報をやり取りするための安全でPCIに準拠した方法である

Source/Token は1回限り使用される
・この1回使用は、「Charge」または「Customerオブジェクトへの関連付け」になる

sourceをchargedするか、Customerオブジェクトへsourceを関連付けすると
・Source/Token は、"consumed"になる

「source で charge」や「Customerオブジェクトへsourceを関連付け」など、「consumed」状態のsourceを再度使用すると
・「invalid_request_error」が表示される
Reusable sources must be attached to a Customer in order to be reused. (If charged directly, their status will change to consumed.)

では、Stripeはユーザーに保存されたカード使用を許可するために、どのように定期的な請求を行うのだろうか
・高レベルのワークフローは、source作成 -> Customerオブジェクトへsourceを関連付け -> source id と customer idを使用して、CustomerオブジェクトへChargeする ことである

Sourceを「再利用可能」にするには?
・Sourceオブジェクトの"usage"パラメータを "reusable"にするためには、Customerオブジェクトに保存または関連付けする必要がある
・また、Source IDとCustomer IDを一緒に使用する必要がある

source idを指定せずにCustomer IDのみを使用すると
・Customerオブジェクト のデフォルトのsourceが使用される


Stripe Q25。Why is it an error to use “token_xxxx” not associated with a Customer object for payment?

Stripe Q27。ダッシュボードやAPIドキュメントの表示内容変更などを知らせるページはありますか?

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 Stripe Q25。Why is it an error to use “token_xxxx” not associated with a Customer object for payment? 23
2 Stripe Q9。Checkout beta version で、webhookを受け取ると、client_reference_idがNULL 22
3 Stripe Q24。After attaching the source to the customer object, how do I check from the customer object? 22
4 Stripe Q20。「webhook」と「synchronous」と「Checkout beta version」について 21
5 Stripe Q8。Stripe Checkout public beta version について 21
6 Q63.No signatures found matching the expected signature for payload について 20
7 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに 20
8 Stripe Q60. Checkout\SessionオブジェクトとPaymentIntentオブジェクトの関係性は1対1ですか? 20
9 Stripe Q38。Difference between “paymentIntent.status === 'succeeded'” and “payment_intent.succeeded event of Webhook” 20
10 Stripe Q34。I could create a Stripe account with the code below, but where can I find the code for this create method? 20
11 Stripe Q48。「Checkout\Session - server」「Charge」「PaymentIntent」の使い分け方 20
12 Stripe Q62.Webhook::constructEventで、SignatureVerificationエラーになるのですが… 20
13 Stripe Payments > COLLECTING PAYMENT DETAILS > Checkout 19
14 Stripe Q30。Checkout (new) の「Checkout Server Quickstart」の「Step 2: Add Checkout to your website」について 19
15 Stripe Q21。新規顧客作成時に新規ソースオブジェクトを添付したいのですが、No such token: src_xxxxとなります 19
16 Stripe Q72.Unexpected error communicating with Stripe. If this problem persists, let us know at support@stripe.com. (Network error [errno 77]: ) 19
17 Visa Global Security Summits 19
18 Stripe Payments > Quickstart / クイックスタート 18
19 Stripe Q46。Direct Charges で手数料聴取する場合、'payment_intent_data'の「有り」「無し」の違いは? 18
20 Stripe Q73.CheckoutのSessionオブジェクトをcreateする際、'payment_intent_data'内の'metadata'として渡したデータを、webhookで受け取る件について 18
2022/9/27 2:02 更新
週間人気ページランキング / 9-20 → 9-26
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 13
2 決済用語 9
3 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 7
3 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 7
4 既存提供機能を一部終了した決済系サービス 6
4 普通送金 | 為替取引 6
4 Payment Methods Supported by the Sources API / Sources APIでサポートされている支払い方法 6
4 Best Practices Using Sources / ソースを使用したベストプラクティス 6
4 Checkout (new) はどこで実行するかにより2種類に分かれる 6
4 決済。どういう方法でどこから支払うか | 課金 6
4 クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) カテゴリー 6
4 Stripe Q67.Can only apply an application_fee when the request is made on behalf of another account (using an OAuth key, the Stripe-Account header, or the destination parameter). | QA(Stripe) 6
4 資金決済に関する法律(資金決済法)とは?/(1)前払式支払手段 /(2)資金移動業 6
5 機能一覧表 / Q.アカウント複数作成 / Stripeアカウント登録 5
6 Stripe 変更履歴 | その他エントリー(Stripe) 4
6 PAY.JP アカウント登録後の自動返信メール / PAY.JP Platform / PAY.JP Platform 用語の整理 4
6 Stripeで"No such token: src"と表示されたら、最初にAPIキーを確認する | Stripe エラー(Stripe) 4
6 Stripe Q45。「Direct Charges」と「Destination Charges」の書き方の違いについて | QA(Stripe) 4
7 Stripe Q14。Customerオブジェクトをcreateする際の"source"パラメータについて | QA(Stripe) 3
7 Off-session Payments with Payment Intents / Payment Intents を使用したオフセッション支払 3
2022/9/27 1:01 更新