Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに

StripeQA

目次一覧

 状態:-  閲覧数:3,353  投稿日:2019-03-10  更新日:2019-03-21  
大前提 / 要点整理 / 案1.全てのクレジットカードに対応する
質問履歴16 / 質問履歴16-2

大前提 / 要点整理 / 案1.全てのクレジットカードに対応する

 閲覧数:328 投稿日:2019-03-10 更新日:2019-03-13 

大前提


PaymentIntentsにて、顧客の支払い情報を収集する際には?
・Stripe Elementsを利用する
このリンクの"Collect payment details"の部分

Stripe Elementsの現在の仕様
・発行国が日本のクレジットカードを利用した場合には、郵便番号入力を求められない
※但し、下記例外(JCB)は除く

JCBカード
・JCBカードを使用するためには、例えテスト環境であったとしても、JCBの事前審査が必要
・JCBの審査を通過していない状態のStripeアカウントは、テスト環境の場合においても「サポートされていない」としてJCBの決済が拒否されてしまう

発行国が日本のクレジットカード
Testingで「Asia-Pacific」タブをクリック
・COUNTRYが、Japan (JP)
NUMBER TOKEN COUNTRY BRAND
4000003920000003 tok_jp Japan (JP) Visa
3530111333300000 tok_jcb Japan (JP) JCB

要点整理


PaymentIntentの支払い(テスト環境)で、郵便番号入力を求められないようにするためには?
・案1.全てのクレジットカードに対応する
・案2.指定のクレジットカードでテストする

案1.全てのクレジットカードに対応する
・「elements.create」する際、「hidePostalCode: true」オプションを設定する
※但し、このオプションを使用しても、上記例外(JCB)は拒否される

案2.指定のクレジットカードでテストする
・そもそも論として「発行国が日本のクレジットカードを利用した場合には、郵便番号入力を求められない」ので、それに見合ったクレジットカードでテストする
・具体的には、「International test card numbers」に記載のあるJPのカードのうち、JCBだと上記の通り拒否されてしまう為、Visaのテストカード番号を試す
→ Visaのテストカード番号「4000003920000003」

案1.全てのクレジットカードに対応する


フォームをカスタマイズすることで対応
・デフォルトのStripe Elementsのフォームだと、郵便番号入力を求められる仕様となるので、フォームのカスタマイズを行うことで郵便番号入力が表示されないようにする
const elements = stripe.elements();
const cardElement = elements.create('card', {
 hidePostalCode: true,
});
cardElement.mount('#card-element');


Is there a way to stop the zip code field showing from the CardSection component
Do not collect Zip code with Stripe
card Element

質問履歴16 / 質問履歴16-2

 閲覧数:294 投稿日:2019-03-13 更新日:2019-03-13 

質問履歴16


PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに
・2019/3/10
下記ページ掲載内容で、郵便番号入力を求められないようにするためにはどうすれば良いですか?
https://stripe.com/docs/payments/payment-intents/quickstart

試したけれども効果がなかったこと
・下記ページで「Block if ZIP code verification fails」が「無効」になっていることを確認したのですが、ここで 支払い時に ブロック するバリデーションルールを決定しているわけではないのでしょうか?
https://dashboard.stripe.com/radar/rules
3D Secure Card Payments

質問履歴16-2


・2019/3/11
「hidePostalCode: true」を試したら、「郵便番号非表示での支払い」自体には成功したのですが、
いくつか疑問点が生じたため教えて下さい。

Q1.テストカード番号が拒否されることはありますか?
・下記エラーとなる場合もあるのですが、テストカード番号が拒否されることはありますか?
・短期間に何度もテストしたりすると、不正の可能性が高いと判断されたりすることはあり得ますか?
「お客様のカードはご利用いただけません。」「カードが拒否されました」

Q2.カード拒否について
・テスト環境においてカードが拒否されるとは具体的にどういうことですか?
・カード会社へ実際に問い合わせを行っているわけではない?
・カード番号が間違っている可能性もある?
・誰がどういう理由で拒否しているか、確認する方法はありますか?(ログ以上のデータは確認不可能ですか?)
<具体例>
・「3566002020360505」と入力
・ログ ID req_3I2cnNdwMBiPox
・Your card is not supported

Q3.日本のクレジットカードを利用された場合には
・JCBのことですか?

Q4.Stripeで使用可能なJCB テストカード番号は?
・「https://stripe.com/docs/testing#international-cards」で記載されている「3566002020360505」だけですか? 
・「3530111333300000」は使用不可ですか?

Q5.下記を確認できなかったのですが、具体的なカード番号は何ですか?
>日本のクレジットカードを利用された場合には郵便番号入力は求められない仕様になっております。こちらのElementsのフォームにて、下記のリンクの日本のカードのテストカード番号を用いてご入力いただけるとご確認いただけるかと存じます






Stripe Q15。PaymentIntent でエラー。カード番号に不備があります。

Stripe Q17。カード情報を「card object」「source object」へ保存する違いについて

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに 63
2 Stripe Q29。日本で、Connect Customアカウント を導入している事例について 37
3 Stripe Q11。テストAPIで、実際のカード番号を入力したらどうなりますか? 36
4 Stripe Q37。PaymentIntentで支払いを行った後、成功画面を表示させるためにはどうすれば良いですか? 36
5 Stripe Q19。「PaymentIntents」と「Sourceオブジェクト」と「Sources API」の関係について 35
6 Stripe Q14。Customerオブジェクトをcreateする際の"source"パラメータについて 34
7 Stripe Q15。PaymentIntent でエラー。カード番号に不備があります。 34
8 Stripe Q10。Checkout の Simple で、「data-zip-code="true"」追加した場合について 33
9 Stripe Q43。payouts スケジュールについて 33
10 Stripe Q65.Connect Standard で連結されているStripeアカウントの違いについて 33
11 Stripeで"No such token: src"と表示されたら、最初にAPIキーを確認する 33
12 Stripe Q17。カード情報を「card object」「source object」へ保存する違いについて 32
13 Stripe Q33。CustomerオブジェクトのcreateSourceメソッドのAPIドキュメントについて 32
14 Stripe Q68.WebhookはPUT送信しているのですか? 31
15 Stripe Q53.Checkout\Sessionの1回限りの支払いで、決済完了したユーザにだけページ表示させたい 31
16 Stripe Q46。Direct Charges で手数料聴取する場合、'payment_intent_data'の「有り」「無し」の違いは? 31
17 Stripe Q60. Checkout\SessionオブジェクトとPaymentIntentオブジェクトの関係性は1対1ですか? 31
18 Stripe Q31。ダッシュボードでの「支払い作成」の見方について 31
19 日本で、Connect Standardアカウント を導入している(と思われる)事例 31
20 Stripe Q8。Stripe Checkout public beta version について 30
2024/3/01 4:20 更新
週間人気ページランキング / 2-23 → 2-29
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Omise | 「支払」機能を有する決済系サービス(決済サービス) 12
2 pixivFANBOX | クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) 7
3 Twitch | ゲーム実況配信サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 YouTube | 動画サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 EPUB | ファイルフォーマット(電子書籍) 6
3 クレジットカード決済 | 課金 6
4 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 5
5 サブスクリプション | 課金 4
5 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 4
6 Google Pay | 「支払、出金」機能を有する決済系サービス表(決済サービス) 3
6 Stripe エラー(Stripe) カテゴリー 3
6 プリペイドカード | カード 3
6 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 3
6 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに | QA(Stripe) 3
7 決済用語 2
7 Payment Request APIとは? / Payment Request API だけで支払い処理が完結するわけではない / Payment Request API の役割 2
7 Something went wrong / You might be having a network connection problem, or the payment provider cannot be reached at the moment. | Stripe エラー(Stripe) 2
8 note | 課金販売できるプラットフォーム 1
8 ログイン 1
8 Stripe Q37。PaymentIntentで支払いを行った後、成功画面を表示させるためにはどうすれば良いですか? | QA(Stripe) 1
2024/3/1 1:01 更新