法律 > 課金サービス

初めに

目次一覧

 状態:-  閲覧数:435  投稿日:2019-01-13  更新日:2019-01-13  
「課金サービスに応じた法律」が制定されているわけではない / 最初に「法律」があり、後から「課金サービス」が生まれた / 「課金サービスのジャンル」と「法律」の関係は「1対1」ではない

「課金サービスに応じた法律」が制定されているわけではない / 最初に「法律」があり、後から「課金サービス」が生まれた / 「課金サービスのジャンル」と「法律」の関係は「1対1」ではない

 閲覧数:200 投稿日:2019-01-13 更新日:2019-01-13 

「課金サービスに応じた法律」が制定されているわけではない


課金できるプラットフォーム
・クラウドファンディング
・ライブ配信
・クリエイター支援
・有料会員制のオンラインサロン
・デジタルコンテンツ販売

「課金プラットフォーム」と「法律」の関係は「1対1」ではない
・「クラウドファンディング法」「ライブ配信法」などという法律が制定されているわけではない

最初に「法律」があり、後から「課金サービス」が生まれた


順番は大事
1.法律
2.課金サービス

「課金サービスのジャンル」と「法律」の関係は「1対1」ではない


クラウドファンディング
・何れの法律規制を受けるかは、内容によって事なる
・一例を挙げると、「特定商取引法に基づく表記」が必要な場合もあるし不要な場合もある
※一律ではない

ライブ配信
・何れの法律規制を受けるかは、内容によって事なる
・一例を挙げると、「資金決済に関する法律 前払式支払手段」の適用を受ける場合もあるし受けない場合もある
※一律ではない

Twitter検索結果。「法律 > 課金サービス」に関する最新ツイート


コメント投稿(ログインが必要)



週間人気ページランキング / 9-20 → 9-26
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 13
2 決済用語 9
3 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 7
3 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 7
4 既存提供機能を一部終了した決済系サービス 6
4 普通送金 | 為替取引 6
4 Payment Methods Supported by the Sources API / Sources APIでサポートされている支払い方法 6
4 Best Practices Using Sources / ソースを使用したベストプラクティス 6
4 Checkout (new) はどこで実行するかにより2種類に分かれる 6
4 決済。どういう方法でどこから支払うか | 課金 6
4 クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) カテゴリー 6
4 Stripe Q67.Can only apply an application_fee when the request is made on behalf of another account (using an OAuth key, the Stripe-Account header, or the destination parameter). | QA(Stripe) 6
4 資金決済に関する法律(資金決済法)とは?/(1)前払式支払手段 /(2)資金移動業 6
5 機能一覧表 / Q.アカウント複数作成 / Stripeアカウント登録 5
6 Stripe 変更履歴 | その他エントリー(Stripe) 4
6 PAY.JP アカウント登録後の自動返信メール / PAY.JP Platform / PAY.JP Platform 用語の整理 4
6 Stripeで"No such token: src"と表示されたら、最初にAPIキーを確認する | Stripe エラー(Stripe) 4
6 Stripe Q45。「Direct Charges」と「Destination Charges」の書き方の違いについて | QA(Stripe) 4
7 Stripe Q14。Customerオブジェクトをcreateする際の"source"パラメータについて | QA(Stripe) 3
7 Off-session Payments with Payment Intents / Payment Intents を使用したオフセッション支払 3
2022/9/27 1:01 更新