3Dセキュア2

セキュリティ

目次一覧

 状態:確認中  閲覧数:727  投稿日:2019-03-11  更新日:2019-03-11  
3Dセキュア2とは? / 導入メリット / 日本で初めての導入
年表

3Dセキュア2とは? / 導入メリット / 日本で初めての導入

 閲覧数:293 投稿日:2019-03-11 更新日:2019-03-11 

3Dセキュア2とは?


新しい3Dセキュアプロトコル
・3Dセキュア バージョン2

リスクベース認証
・バージョン1でのかご落ち率(離脱率)の高さを反省し、バージョン2では「リスクベース認証」を導入し、利用者の取引履歴やデバイス情報から不正使用リスク高と判定された場合のみ、パスワードの入力が求められるよう改善される

動的パスワード(ワンタイムパスワード)認証
・静的パスワードの代わりにトークンベースの認証および生体認証を使用する
・カード会員は、静的パスワードを覚えておく必要はない

導入メリット


モバイル対応
・モバイル端末からの認証に対応するようになった
・「電子財布アプリ」や「加盟店アプリ内の決済」などに対応するようになった

日本で初めての導入


2019年夏、三井住友トラストクラブにより導入予定

主な改良点
・動的パスワード(ワンタイムパスワード)
・リスクベース認証

動的パスワード認証
・「都度、パスワードを通知する仕組み」により、「パスワードが思い出せず、インターネット取引を断念する」といった不便がなくなる

リスクベース認証
・「パスワード認証」必須ではない
・利用者のクレジットカード利用履歴に基づいて利用者の不正使用リスクがあると判断された場合のみ、「パスワード認証」を行う
インターネット取引利用者(以下、利用者という。)がネットショッピング時に使用する機器のデバイス情報、および利用者のクレジットカード利用履歴に基づいて利用者の不正使用リスクを判断し、加盟店側の3Dセキュアのバージョンと利用者の不正使用リスクレベルによっては、パスワード認証をすることなく取引ができます


年表

 閲覧数:336 投稿日:2019-03-11 更新日:2019-03-11 

年表


2001年
・VISAが最初に3Dセキュアを開発し、導入

2016年6月
・大手カード会社による標準化団体EMVcoは、3Dセキュア次期バージョンの仕様を発表


3Dセキュア2はどういう仕組み?
「3-D Secure2.0」は2019年4月までにイシュアがサポートへ、バイオメトリクスは複数の方式をサポート(Visa)
3D セキュア 2
「3Dセキュア2.0」でカード不正使用を駆逐できるか


3Dセキュア

Visa Global Security Summits

コメント投稿(ログインが必要)



類似度ページランキング
順位 ページタイトル抜粋
1 3Dセキュア2 100
2 3Dセキュア 92
3 PSD 2 33
4 ツイキャス 17
5 EPUB3 17
6 Stripe Q35。「Payment Intents API」で、3Dセキュアなどの認証手順を(顧客が)使用しないことは出来ますか? 16
7 ファンティア 15
8 Stripe Q234。Connect カスタムアカウント手数料 15
9 PCI DSS  13
10 Stripe Q42。「Stripeダッシュボードへログインした後に表示される各ページ」へのアクセス権について 13
11 Stripe Q43。payouts スケジュールについて 11
12 Stripe Q27。ダッシュボードやAPIドキュメントの表示内容変更などを知らせるページはありますか? 10
13 Stripe Q31。ダッシュボードでの「支払い作成」の見方について 10
14 Stripe Q33。CustomerオブジェクトのcreateSourceメソッドのAPIドキュメントについて 10
15 Stripe Q18。PHP使用する場合、オブジェクト形式で配列形式でもアクセスできる 8
16 Stripe Q69.Stripe ダッシュボードのバージョン確認及びアップデートについて 8
17 Stripe Q29。日本で、Connect Customアカウント を導入している事例について 7
18 Stripe Q32。Webhook のエンドポイントから適切な値を返さなかったときの停止措置について 7
19 Stripe Q13。決済成功時に、「請求に紐づけられたメールアドレス」に対して、メール送信したいのですが、 7
20 Stripe Q23。イベントで「新しい支払元が追加されました」と表示されているのに、「支払元がありません」 7
2024/3/02 4:49 更新
週間人気ページランキング / 2-24 → 3-1
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Omise | 「支払」機能を有する決済系サービス(決済サービス) 12
2 pixivFANBOX | クリエイター支援プラットフォーム(課金販売できるプラットフォーム) 7
3 EPUB | ファイルフォーマット(電子書籍) 6
3 クレジットカード決済 | 課金 6
3 YouTube | 動画サービス(課金販売できるプラットフォーム) 6
3 Stripe Q1。Stripeにおける個人事業主の定義 | QA(Stripe) 6
3 EMVレベル1 / EMVレベル2 / EMVCo とは? 6
4 Twitch | ゲーム実況配信サービス(課金販売できるプラットフォーム) 5
5 サブスクリプション | 課金 4
5 Google Pay | 「支払、出金」機能を有する決済系サービス表(決済サービス) 4
5 EMVCo | クレジットカード仕様(仕様) 4
6 Stripe エラー(Stripe) カテゴリー 3
6 プリペイドカード | カード 3
6 Stripe Q16。PaymentIntentの支払いで郵便番号入力を求められる。Radar rules の ZIP code を無効にしているのに | QA(Stripe) 3
7 Stripe Q73.CheckoutのSessionオブジェクトをcreateする際、'payment_intent_data'内の'metadata'として渡したデータを、webhookで受け取る件について | QA(Stripe) 2
7 Payment Request APIとは? / Payment Request API だけで支払い処理が完結するわけではない / Payment Request API の役割 2
7 Something went wrong / You might be having a network connection problem, or the payment provider cannot be reached at the moment. | Stripe エラー(Stripe) 2
7 「支払」と「送金」の違い | 違い 2
8 決済用語 1
8 Stripe Q13。決済成功時に、「請求に紐づけられたメールアドレス」に対して、メール送信したいのですが、 | QA(Stripe) 1
2024/3/2 1:01 更新